ジゼルbyアクラム・カーン バロセロナバレエ

「ジゼル」(Giselle )は、1841年にフランスで初演されたバレエ作品。全2幕。作曲はアドルフ・アダン、振付はジャン・コラーリとジュール・ペローによる。ロマンティック・バレエの代表作の一つであり、大規模な改訂を経て今日でも頻繁に上演されている。

結婚を目前にして亡くなった娘達が妖精ウィリとなり、夜中に森に迷い込んできた男性を死ぬまで踊らせるというハインリヒ・ハイネによって紹介されたオーストリア地方の伝説に着想を得て作られた。2幕物で、第1幕の昼間の森の場面と第2幕の夜の場面の対照が印象的である。主人公が死装束で踊る唯一のバレエ作品といわれる。

なお音楽は1841年の初演の時点で、オリジナルのアダンのものに加えて、ヨハン・ブルグミュラー作曲による 「レーゲンスブルクの思い出」と称するワルツ1曲と、ジゼルと友人たちが踊るための5曲が挿入されていた。これらは第1幕の “村娘のパ・ド・ドゥ” と呼ばれる部分を構成しており、ワルツがその最後に来る。

「ジゼル」 は翌1842年に早くもロシアのサンクトペテルブルクで上演された。初演時にカルロッタ・グリジの振付を担当したペローは1848年から10年間、メートル・ド・バレエとしてロシア帝室バレエに君臨し、この作品に磨きをかけた。ペローの改訂により、ジゼルが狂乱する場面がより明確になり、また第2幕の主役2人によるパ・ド・ドゥ部分が変更された。

その後マリウス・プティパは1884年から数回にわたって大規模な改訂を行った。有名な第1幕の “ジゼルのヴァリエーション” はプティパの手になるもので、この曲はレオン・ミンクスが新たに作曲した可能性が高いと考えられている。そのほか大きく変更されたのは第2幕で、ウィリたちによる踊りのスタイルが統一された上、群舞が重層的に展開するものへと作り直された。

1868年に本国フランスでの上演が途絶えてロシアで生き残った 「ジゼル」 は、プティパの死後はほとんど変更されることなく今日まで伝えられている。現在最も多く上演される「ジゼル」 はプティパ版およびそれに基づいた振付である。

プログラムとキャスト

演出&振付:Akram Khan&Vincenzo Lamagna (アドルフ・アダン7の原作に基づく)

舞台装置:Tim Yipro

照明:Mark He nderson

脚色:Ruth Little

音響:Yvonne Gilbert

チケットを購入する
APR 2020

リセウ大劇場

バルセロナのオペラハウス、リセウ大劇場は、1847年にランブラス通りに設立され、文化芸術センター、市のシンボルの一つとしての役割を果たして長年にわたって続けてきた。

今日は(カタルーニャ、バルセロナ市議会、バルセロナ州議会とMINISTERIOデEducación、文化会館Y Deporte政府が)公営、前述のボディに加えて、組み込まれている、タピエスデルリセウ大劇場で投与され、パトロン評議会とSocietatデルリセウ大劇場(所有者の旧社会)。

類似したイベント